よくある質問

良くいただく質問をまとめました。ぜひご覧下さい。
下記以外のご質問がある方は、こちらのお問い合わせフォームより、お気軽にご連絡下さい。

英会話教室ですが文法も教えているのですか?


文法のない言葉は存在しませんから、英語を教える限り文法も教えていきます。ただ幼稚園や低学年の子供たちに主語とか動詞などという言葉を使って説明するのではなく、しらずしらずのうちに現在進行形を学んでいた、という具合です。
しかし、高学年以上はVerb(動詞)、Adjective(形容詞)、Noun(名詞)程度のことは英語で講師が説明していきます。


女性講師を希望したいのですが可能ですか?


原則として講師の選択は代表者である私が生徒さん、講師双方の性格などをふまえてわりふりしていきます。幼い子たちには出来るだけ女性講師を担当させています。また、キンダークラスは男性講師が担当してもアシスタントとして日本人女性講師が付きます。
基本的には多くの講師と接するチャンスを子供たちに与えていきたいので半年〜1年の後、講師交代を検討します。クラスによっては継続して同じ担当者にする場合もあります。また、半年〜1年たたずとも、相性が合わないなど問題点が出てきたら臨機応変に対応していきます。


英語の早期教育がさわがれていますが、早ければ早いほど良いのですか?


シカゴイングリッシュスクールでは早ければ早いほど良いとはいちがいにはいえないと考えています。確かに言語習得上、外国語に触れるのは幼ければ幼いほど良いはずです。
多くの英語教育の本にもそれは指摘されていることですが、しかしそういった本の大半は移民として米英に住んでいる子供たちの英語習得についてのものです。日本で普通に生活している中で英語を習得するには継続が一番大切だと思います。どんなに早くはじめても途中で止めてしまったのでは意味がありません。
興味をもって楽しく遊べる年齢は多少個人差があるのではと考えております。


その他のご質問がある方は、こちらのお問い合わせフォームより、お気軽にご連絡下さい。

ご質問・無料体験レッスン申し込みはこちらから